デザイナー

カルティエは、フランスのジュエリーや高級時計ブランドです。このブランドはエドワード7世に王の宝石商や宝石商の王と言われた名門ブランドで、ジュエリーの他にも革製品やライター、筆記用具等が取り扱われている世界的にもとても有名なブランドです。1847年に フランス人宝石細工師ルイ・フランソワ・カルティエがその師であったアドルフ・ピカールからパリのモントルグイユ通りにあったジュエリー工房を受け継いだのが始まりだといわれています。
このブランドにはこのブランドのジュエリーをデザインしたすばらしいデザイナーたちがいます。まず、このブランドのジュエリーをデザインした人物として挙げられるのがシャルル・ジャコーです。彼はアールデコ・ジュエリーの鬼才宝飾デザイナーと呼ばれ、彼のデザインしたジュエリーがこのブランドを世界的なブランドへと押し上げたといわれています。そして、シャルル・ジャコーと同じフランスのジャンヌ·トゥーサンは、3代目ルイ・カルティエの右腕的な存在のデザイナーで、ジュエリーディレクターを務めました。ココ・シャネルやバレンシアガらとも交流があったといわれるザイナーで、このブランドをハイジュエラーに押し上げたメゾンを象徴する人物といわれ、今日のカルティエを確立させました。ジャンヌ·トゥーサンはその功績をたたえられ、彼女がモデルとなった女性用バックのジャンヌ・トゥーサンコレクションが発表されたということでも知られています。
また、フランスのマルセル・ブーシェはこのブランドのジュエリーデザイナーで、1937年に自身のブランドをアメリカで設立しました。そのブランドはコスチュームジュエリーのブランドで、マルセル・ブーシェという名前です。このブランドはダイヤモンドといった高価な宝石を用いないコスチュームジュエリーで、デザイン性が高く技術力なども突出しており、今もコレクターの間で人気があるブランドです。
カルティアにはこのようなすばらしい人々が所属し、ステキなデザインのジュエリーを制作し「ていました。彼らの他にもイタリアのブルガリ2代目のジョルジョ・ブルガリやヴァンクリーフ&アーペル創業者夫婦の間に産まれたフランスのルネ・ピュイサンなどもとても有名です。
このように、世界的に有名なジュエリーブランドがカルティエで、このブランドには素敵なデザインのジュエリーを生み出してきたジュエリーデザイナーたちがいたのです。


Copyright(c) 2017 カルティエ研究所 All Rights Reserved.